美军驻欧司令部下辖的爱国者导弹 图源:社交媒体

元タイトル:「ミグ29騒ぎ」が続き、波総理はまた「ボール」をアメリカに返送した

【文/観察者網鞠峰】

「ポーランドはこの戦争の参戦者ではない……NATOでもない」ポーランドのモラビツキー首相は3月9日、記者団に語った。p>

ここ数日、米国とNATOの盟友、特にポーランドは、「ウクライナに戦闘機を送る」ことをめぐって互いに「套路」し合い、「茶番劇」を上演した。3月9日、モラビツキーはアメリカから蹴ってきた「ボール」を蹴り返し、ウクライナに戦闘機を納入するかどうかを公表し、NATOの手、特にアメリカの手に決定権を与えた。

英ガーディアン紙はこの波紋を「西側の最近の外交失敗」とし、「最終的にロシアが空の優位性を維持し続けた」と評した。

ポーランド空軍ロシア製ミグ29戦闘機とアメリカ製F 16戦闘機が飛行ショーを行う。図は視覚中国

「今日のロシア」によると、モラビツキー氏はウィーンでオーストリアのネハマー首相と会見した。会議後、ポーランドの戦闘機がウクライナに納入されるかどうかは、米国主導のNATOが決めるべきだと公言した。

「グループ全体のライセンスを交付するかどうか、特にワシントンを通過すべきかどうか」とモラビツキー氏は述べた。

モラビツキー氏は、このような重大な決定は、NATO全体が一致し、明確な同意を得るべきだと強調した。「今日、この件の決定権はNATOの手にあり、アメリカの手にある」

この「茶番劇」は3月5日、ウクライナのゼレンスキー大統領とアメリカの両院議員のビデオ会議にさかのぼり、ロシア製戦闘機が必要だと提案した。その後、アメリカのブリンカーン国務長官は、ポーランドがウクライナにミグ-29戦闘機を提供すれば、アメリカはアメリカ製F-16戦闘機でポーランドを補償することを考慮すると述べた。

しかし、ポーランドは急いでこの提案を否定した。大統領、外交部、政府報道官らは、ポーランドがウクライナに戦闘機を派遣しないことを様々な場面で明らかにし、ポーランド首相府は自らツイッターで「デマ」を明らかにした。p>

この時イギリスも「アーチ火」に来ました。イギリスのベン・ウォーレス国防相は3月8日、ポーランドがウクライナに戦闘機を提供することを決定すれば、イギリスはポーランドを「支持し、守る」と述べた。

ワーレスは「スカイニュース」のインタビュービデオスクリーンショットを受けた

3月8日、ポーランドの「反将一軍」。ポーランド外務省は、ポーランドがすべてのミグ-29(MIG-29)戦闘機を「直ちに」、「無料」でドイツのラムゼイン空軍基地(Ramstein Air Base)に移転し、米軍に使用させる準備ができていると明らかにし、米軍に「対応能力のある戦闘機」の提供を促した。ポーランドはまた、ミグ-29戦闘機を持つ他のNATO加盟国にもそうするよう促した(スロバキアとルーマニアを暗躍させた)。p>

アメリカ側はポーランドの提案を拒否した。五角ビルはポーランドの提案を「冒険的すぎる」と述べた。五角ビルはまた「ボール」を蹴り返し、「すべての決定は結局ポーランド政府が下した」と述べた。

しかし、米欧州司令部はまた3月8日夜、オースティン米国防長官の指示とポーランドの同盟国の招待の下で、米欧州司令部指揮官のウォーターズ将軍がヨーロッパとアフリカの米軍に2つの愛国者ミサイルシステムをポーランドに再配備するよう指示したと発表した。

米軍駐欧司令部傘下の愛国者ミサイル図源:ソーシャルメディア

英ガーディアン紙は、この波紋を「最近数少ない西側外交の失敗」と分析した。この事件はまた、ヨーロッパ諸国がロシアの「赤い線」に触れる前に、どの程度軍事的なアップグレードを準備しているかという問題を示している。

「問題の一部はポーランドがこれまでの私的な議論の結果に反していることにある」と、この新聞は、多くの手が回らないと述べた。

当初、米国側が望んでいた計画は、ポーランドがミグ-29をウクライナに移管し、米国がポーランドに代替戦闘機を与える「3者協議」だった。楽見で起きたジョンソンは「ミグを借りる」計画に要約された。

ガーディアン紙は、米国側の圧力の下で、ポーランドは自身が「ロシア側からの圧力が大きすぎる」と感じ、「太鼓を打って花を伝える」ゲームが始まり、ポーランドは計画を修正し、「直接援助」から「間接援助」に変更し、他のミグ戦闘機を持つ国も計画を同期させることを奨励した。スロバキアとルーマニアを指す。

「衛報」によると、ポーランド政府が米国の国会やゼレンスキー側からの圧力を軽減するためだという理由があり、この提案が米国に拒否されることを知っていたという。しかし、いずれにしても、このような公開の口論は面白くない。

この「失敗」の最終結果、ロシアは空の優位性を維持し続けたからだ。「ポーランドで訓練を受けた烏空軍のパイロットは現在、地上で国を守るしかなく、一つの機会が浪費されている」

ポーランドも最終的に米軍の援助を受けた「愛国者」ミサイル防空システム。ガーディアン紙は、これもウクライナに欠けていると指摘した。どうやら、NATOは「自分の世話をする」だけらしい。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。