波兰空军俄制米格29战机与美制F16战机进行飞行表演。图自视觉中国

【文/観察者网熊超然】ロシアとウクライナの軍事衝突で、西側諸国はウクライナを「力挺」したが、ウクライナのゼレンスキー大統領が戦闘機の提供を哀願した際、米英をはじめとするNATOとポーランドは互いに「三阻四」し合い、戦争という「濁水」を引きずられるのを恐れた。

米放送(ABC)、「ワシントンオブザーバー」は現地時間3月9日、ポーランドが提出した「ロシア製戦闘機を米国に移管しウクライナに渡す」という提案を2日連続で拒否し、NATOとロシアの間でより広い範囲の軍事衝突を引き起こす可能性があると報じた。

ABC氏は、ポーランドのこの提案が米国の役人を驚かせ、実質的に「責任」を米国に押し付けたため、五角ビルは断固拒否し、「立っていられない」と述べた。

一方、NATOに戦闘機の獲得を求め続けたゼレンスキー氏は、3月9日の演説で「卓球ではない」「ウクライナ人の命にかかわる」「責任を逃れない」「戦闘機を提供してくれ」と叫んだ。

ABCレポートスクリーンショット

報道によると、米国防総省のジョン・コビー報道官(JohnF.Kirby)は3月9日、「この時点でウクライナ空軍により多くの戦闘機を移管することは支持されていないため、これらの戦闘機が保管されているのを見たくない」と述べた。

報道によると、米国はウクライナに「毒刺」(Stinger)肩担ぎ式防空ミサイルを提供した。このミサイルは前の米国政府が提供したことがない。また、英国もウクライナに似たような装備システムを提供すると発表した。しかし、現在のところ、米国は「戦闘機を派遣するかどうか」という点で限界を画している。

「情報機関は、ウクライナへのミグ-29戦闘機の移管が「アップグレード」と誤認され、ロシアの重大な反応を招き、NATOとの軍事対抗の可能性を高める可能性があると評価した」五角ビルのコビー報道官はこう言いました。

コビー氏はまた、「ウクライナ軍がロシアに対抗する選択を支持するのに適した他の選択肢があり、私たちはこれらの選択を引き続き求めている」と述べた。ウクライナはロシア軍の「圧倒的な爆撃」に対抗するために、より多くの戦闘機が必要だと付け加えた。

米国とポーランドの2つのNATO加盟国が戦闘機問題について繰り返し、ウクライナのゼレンスキー大統領は座れなくなった。

<ワシントンオブザーバー紙報道スクリーンショット

現地時間の3月9日、ゼレンスキー氏は演説で「じゃあ、いつ決定するの?聞いて、私たちは戦争が発生した!私たちはこれらの音をすべて処理する時間がない」と興奮した。p>

彼はその後、「卓球ではない!人の命にかかわる!責任を逃れず、戦闘機を提供するように、できるだけ早く問題を解決することを改めて要求した」と述べた。p>

ABCは、アメリカのペロシ下院議長とゼレンスキー下院議長がアメリカの武器援助について約45分間通話したと報じ、通話内容を回想すると、ゼレンスキー氏は「飛行機、飛行機、飛行機がほしい」と繰り返した。

確かに、ウクライナのゼレンスキー大統領の最近の最も急迫した需要は、より多くの戦闘機を得ることができることだ。現地時間の3月5日、彼は300人近くのアメリカの上院議員とビデオ通話した際、NATOからロシア軍に対抗するためにロシア製戦闘機を取得することを望んでいると提案した。

この提案は一部の東欧NATO加盟国に反対されているが、多くの米国議員の支持を得ており、一部の人はバイデン米大統領に、ポーランドがウクライナにロシア製戦闘機を輸送したいなら、米国がF-16戦闘機でポーランドを増援することを全力で支持すると手紙を送った。

ポーランド空軍のロシア製ミグ29戦闘機とアメリカ製F 16戦闘機の飛行パフォーマンス。図は視覚中国

3月6日、モルドバを訪問中の米国務長官のブリンカーン氏も、ポーランド政府がウクライナにミグ-29戦闘機を提供すれば、米国はミグ戦闘機の代わりに米製F-16戦闘機を積極的に考慮する可能性があると述べた。英国のベン・ウォーレス国防相もその後、ポーランドがウクライナに戦闘機を提供することを決定すれば、英国はポーランドを「支持し、守る」と述べた。

しかし、アメリカ側の提案に対して、ポーランド側は大統領から政府報道官まで、ポーランドがすでにミグ戦闘機をウクライナに提供することを決定したか、または提供すると主張しているすべての説を「偽ニュース」と非難することを迅速に明らかにした。

ロイター通信によると、ポーランド外務省は8日、ポーランドがすべてのミグ-29戦闘機機をドイツのラムスタイン空軍基地(Ramstein Air Base)に無料で移転し、米軍が使用する準備ができていることを明らかにし、ミグ-29戦闘機を持つNATO加盟国にもそうするよう促した。

ポーランドが米にミグ-29戦闘機を移管し、ウクライナに引き渡す可能性があるという提案に対し、米国側は拒否し、五角ビルはポーランドの提案を「冒険的すぎる」と主張した。現地時間の3月9日、五角ビルのコビー報道官が再び発声した。これも米国防総省が2日連続でポーランドの提案を拒否したものだ。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。