元タイトル:ロシアの西側制裁が世界的な食糧不足に拍車をかけているロシア土協議が「烏糧出海回廊」を建設している

cms-style=「font-L」>参考消息網6月23日付報道

ロイター通信6月22日付報道によると、ロシアは水曜日、西側が世界的な食糧危機の原因に関する嘘を流していることを明らかにした。モスクワによると、米国とEUによるロシアへの制裁はこの危機を激化させたという。

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官はモスクワで、西側諸国が世界の食糧危機をロシアのせいにする声明を何度も発表していることに失望していると述べた。

p>

ザハロワ氏は、「これは嘘だ–このような非難は完全に嘘だ。では、西側はウクライナに武器を提供できるが、何らかの理由でウクライナから何も取らないのか」

p>
<p.cms-style=「font-L」>記事は、ウクライナに武器を提供している米国とEU加盟国は、ロシアがウクライナの穀物輸出を阻止することで、ウクライナから輸出された小麦が世界の小麦輸出全体の約10分の1を占めていると非難し、食糧危機を引き起こしていると伝えた。

p>
<p cms-style=「font-L」>記事は、ロシアとウクライナは世界で最も重要な2つの農産物生産国だと述べた。ロシアは世界最大の小麦輸出国であり、ウクライナは世界最大のヒマワリの種輸出国である。両者は大麦、トウモロコシ、菜種市場で重要視されている。ロシアは世界最大の化学肥料輸出国の一つでもある。

ザハロワ氏によると、西洋の制裁は支払いシステム、輸送、保険を破壊し、ロシアが食糧や化学肥料を輸出できないようにし、農業市場を奈落の淵に突き落としたという。

p>

ザハロワ氏は、「これは論理的ではない。一方、EUは、世界の食糧安全が脅かされているが、同時に自分たちの大陸への貨物輸送ルートを封鎖している」と述べた。

p>

また、ロシアとトルコ軍当局者は21日にモスクワで会談し、黒海にウクライナ穀物を輸出する安全な回廊の建設について引き続き検討することで合意したと報じられている。

p>

記事は、トルコはロシアや国連とこの廊下について直接対話を行っているが、合意にはさらに努力が必要だと述べたと伝えた。

p>

トルコ大統領府筋によると、ロシア、ウクライナ、トルコと国連は今後数週間以内にイスタンブールで会談するという。

p>
<p cms-style=「font-L」>トルコ国営テレビのニュースチャンネルは、トルコとロシア軍当局者の21日の会談が長く続いた結果、「積極的で建設的だった」と述べた。アンカラ氏は、海上回廊計画の実施を監督する「観察メカニズム」の役割を果たす準備があると述べた。

<p cms-style=「font-L」>また、AFP通信によると、トルコ国防省はモスクワと「建設的な」穀物交渉を行った後、トルコの貨物船1隻が22日、ウクライナのマリウポル港を出港したと明らかにした。土国防省は船に小麦が入っているかどうか具体的に説明していない。

トルコ国防省は声明で、「モスクワでの会合は初の具体的な成果を収めた」と述べた。

p>

「長い会議が終わってから数時間後、この数日待っていたトルコの乾貨物船はウクライナの港を離れた」

声明によると、マウ衝突以来初めてマウボル港を出港した外国船だという。

p>

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。