元タイトル:務計画「活性化される」!

NATOは東翼防衛態勢の強化を鼓吹している

参考消息網は6月23日、米国の「国益」サイトの6月19日付報道によると、ロシアがウクライナに対して特別軍事行動を発動したことは欧州の安全保障の根幹を揺るがし、北約能力の拡大、強化、向上を目指す一連の未来計画を生んだと報じた。

p>

報道によると、NATOの盟友との緊密な協調の下で、米国防総省は武器装備を事前に配備し、「拡張可能」な最前線編隊を追求し、多国間の指揮制御プロセスを簡略化し、迅速な配置能力を発展させ、将来の緊急事態に対応することを強調した。NATOが将来的に規模と戦術能力の面で大きく変化することがますます明らかになるだろう。

ロイド・オースティン米国防長官はベルギーのブリュッセルでNATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長と会見した後、「NATOは同様に計画を立てており、中長期的に抑止力と防衛態勢、特に東翼を強化したい」と述べた。

p>

2月24日、ポーランド上空で米軍のF-35戦闘機が空中給油を行った。

報道によると、NATO最前線態勢の将来の枠組みはまだ確定しておらず、これは間もなく開催されるNATOサミットの重要な議題になる可能性が高いという。しかし、現在ではNATOも同様に最前線配備の規模を拡大すると予想されており、特に迅速な配備能力を重視する理由がある。オースティン氏によると、NATOはすでに高速反応部隊の一部を投入したという。

オースティン氏は、「われわれの盟友はNATOの防衛計画を活性化させた。彼らは迅速な反応部隊の一部を配置し、NATO東部地域に駐留軍を増派し、重要な空軍と海軍の装備も投入した。これらの配置はNATOの直接指揮の下にあり、各盟友国軍の支持を得た」と述べた。

p>

また、ロシアの侵攻を防ぐためにバルト海諸国の駐留軍を強化する可能性もあるなど、新たな配備もある。近年、米ランド社などのシンクタンクは、バルト海諸国が肋骨となり、ロシア軍に急速に占領される恐れがあると懸念を示している。

この懸念は、ウクライナでのロシアの悪態を世界が目撃する前から出ていたと報じた。しかし、部隊を増派したり、F-35ステルス戦闘機を最前線に配備したりすることで、この地域の抑止力を強化することができるかもしれないという想定は完全に実行可能だ。

報道によると、NATO東翼のいかなる抑止態勢にも、規模の大きい装甲機械化部隊、反誘導システム、第5世代ステルス機など、複数の重要な要素が含まれている可能性が高いという。例えば、ポーランドは米国製「エイブラムス」の主戦戦車の輸出モデルを受け入れており、ポーランドもF-35ステルス戦闘機の買い手である。重装甲と第5世代空力の結合は、プーチンがNATOの東欧部分に侵攻するのを防ぐのに十分かもしれない。

ポーランドやフィンランドのF-35戦闘機はロシア国境に近い場所で戦うことができ、ロシア防空システムや中長距離弾道ミサイル発射システムを破壊するのに有利である。ロシアの発射システムは、F-35やF-22など第5世代ステルス戦闘機の攻撃に対抗しにくい恐れがある。(コンパイル/劉子彦)

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。