元タイトル:烏軍は反攻を準備している?ロシアメディア:「情報戦」だが、西側に軍援を続けてもらいたい

参考消息網は6月23日、ロシアの「独立報」が6月23日に報じたところによると、キエフでは、ロシア軍がトンバス地区で行動に集中する際、烏軍がヘルソン方面で反撃を開始できるという声が多い。例えば、元ウクライナ対外情報局局長のニコラ・マロムデー氏は、このような計画を提案した。しかし、軍事専門家は、烏軍はすでにこのような無意味な試みをしたと指摘している。政治アナリストは、上述の声明はキエフ情報戦の一部であり、民心を結集し、西側政治家に大規模な武器提供を促すことを目的としていると推測している。

報道によると、ウクライナ内務大臣顧問のワチム・ジェニシェンコ氏は22日、テレビ番組で、ロシア部隊が活動を増やす可能性があると述べた。同日、ウクライナ南部国防軍連合協調プレスセンターのナタリア・グメニュク主任は、同じ番組で海上からの脅威を通報した。彼女は、ロシア艦艇編隊が黒海北西部で勤務していると言った。この編隊は5隻の水面艦艇と1隻の44発の「口径」巡航ミサイルを携えた潜水艦で構成されている。彼女は「これらのミサイルは南部地域だけでなく、沿岸部をも脅かしており、射程は2000キロを超えている」と述べた。

また、前ウクライナ対外情報局局長のマロム・デイ将軍がテレビ番組で指摘したように、ロシア軍は南部から戦争の激しいトンバスに移動している。ウクライナ保衛者はこの機会にメリトポルとヘルソンを反撃することができる。

しかし、このような議論が現実的なのか、あるいは完全に宣伝目的なのかは明らかになっていない。

p>

「祖国兵器庫」ウェブサイト編集長のドミトリー・デロズェンコ氏は、このような声明は宣伝的な発言にすぎないと考えている。彼は、烏軍が何度もこれらの地域で反撃を試みたが、成功したことはないと注意した。

記事によると、ロシア国際事務理事会の専門家で国立人文大学のアレクサンダー・クチン准教授は、キエフにとって重要なのは、重大な損失を受けても既存の陣地を守ることができると西洋のパートナーに信じさせることだと述べた。武器を提供することで事態を逆転させることができると仲間たちに信じさせなければならない。また、ウクライナ社会のかなりの一部がトンバスからの撤退に失望している可能性を考慮して、自国民に軍事動員しなければならない。

ヘルソン州については、ここで大規模な攻勢が起きる可能性は低いと述べた。ウクライナ指導部の関連声明はおそらく情報戦の一部であり、自国社会にも西側諸国の特定集団にも向けられており、同盟国に積極的な武器提供の必要性を再認識させることを目的としている。しかし、ドイツとフランスはこの問題に慎重を示している。局所的に攻勢をかける戦術的な試みが続くことは明らかだ。戦略的には、これらの行動の目的は、社会を政府の周りに団結させ、軍事面で些細な成功を示すことである。(コンパイル/賀穎駿)

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。