元タイトル:ウクライナ軍は「敵を深く誘い込んでいる」?

ロシアの独立報サイトが6月22日に報じたところによると、ロシア・烏間の軍事対抗の中心が黒海西部水域に向かっていることがいくつかの兆候で明らかになった。ロシアの専門家は、烏が黒海掘削プラットフォームと蛇島を攻撃したのは「敵を深く誘い込んだ」と考えている。

報道によると、ロシアはトンバスで計画通り推進し、黒海艦隊の艦艇をオデッサ方面に集結させた。烏軍は黒海でロシアが制御する石油・ガス掘削プラットフォームと蛇島の軍事施設を破壊しようとしたが、ヘルソンとマリウポルの反撃に先決条件をつくろうとしたことは明らかだ。

<p cms-style=「font-L」>記事は、烏軍は黒海でのロシア軍との対抗を放棄するつもりはないとみている。ウクライナは、米国や他のNATO諸国が提供する対艦兵器の有効性を示すために努力しているように見える。現在、米国とNATOの軍事援助はキエフの助けになっている。新兵器を受け取った後、烏軍はロシア軍に支配された蛇島の周りで活動することが増えた。キエフが重要な地理的位置を占める蛇島を再び掌握すれば、複数のウクライナ港の閉鎖解除に条件を作り、同時にロシア黒海艦隊に脅威を与えることができる。

<p cms-style=「font-L」>記事は、黒海艦隊の艦艇が「弾薬を満載し、オデッサに向かっている」とSNS上で噂され始めていると指摘した。ロシア軍は20日と21日未明、オデッサ州の目標に対して少なくとも15回のミサイル攻撃を行ったという。烏軍はオチャコフ、オデッサなどにある複数の倉庫や物流センターが破壊された。ロシア情報当局によると、烏軍沿海部隊はすでに警戒態勢にある。このため、モスクワとキエフ間の軍事対抗センターが黒海西部水域に移動していることがいくつかの兆候で示されている。

<p cms-style=「font-L」>記事によると、「ドネツク人民共和国」のイゴール・ストリルコフ元国防長官は、掘削プラットフォームが襲撃されたことに報復し、黒海艦隊をオデッサ海岸に向かわせることを決めたなら、これは大きな間違いだと「電報」ソーシャルプラットフォームに書いている。敵が故意にこれらの攻撃でこのような反応を引き起こしたためだ。「結局、艦隊は敵が熱望していたエリアに向かった……しかし、これは蛇島の防衛が切望されていたことと関係がある可能性が高い。過去2、3日、メディアは烏軍が蛇島を攻撃しようとしていることを報道してきた。しかし、このような状況でも敵は明らかに待って挑発している」。

軍事専門家ウラジーミル・ポポフ大佐は、「黒海艦隊の艦艇がウクライナの海岸にこんなに簡単に接近し、ウクライナ領にまで上陸行動を展開すると思ったら、あまりにも甘い。烏軍が米国の対艦ミサイルを受け取った場合、このような行動はロシア軍に一連の新たな被害を与えるだろう。しかし、黒海艦隊の艦艇はいくつかの安全区域に滞在し、沿海目標にミサイルを発射し、烏軍が蛇島を制圧するのを阻止することができる」。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。