元タイトル:プーチン大統領:西側制裁に対して、ロシアのインドなどへの石油輸出は「著しい成長」

cms-style=「font-L」
最近行われたBRICS商工会議所フォーラムで、ロシアのプーチン大統領はビデオ演説で、西側がロシア沖衝突後にロシアの石油輸出に制裁を加えたため、ロシアはインドなどBRICS諸国との貿易を強化したと述べた。プーチン氏は、ロシアのインドなどへの石油供給が顕著に伸びていると述べた。

ブルームバーグ社は6月22日、露烏衝突以来、欧州のバイヤーの購入減少に伴い、ロシアの石油メーカーがインドなどアジアのバイヤーに原油を大幅に割引した価格でより多く輸送していると報じた。ロシアの石油取引価格は市場価格より30%安いと報道されている。ロシアのアレクサンダー・ノバク副首相(Alexander Novak)は先週、ロシアは欧州のエネルギー市場から離れたくないが、市場は押し出されており、他の顧客を探すと述べた。プーチン大統領もBRICS商工会議所で発表したビデオ演説で、「政治的動機からの制裁」で世界経済はさまざまな困難に直面しているが、今年最初の3カ月でロシアとブラジル、インド、南アフリカの貿易総額は38%増の450億ドル(約3018億3000万元)に達したと述べた。p>

ロシア天然ガス工業株式会社(Gazprom)のアレキサンダ・デユコフ最高経営責任者(Alexander Dyukov)によると、2022年初めにはロシア原油の約66%が欧州に輸出されたが、現在ではロシア原油の約50%がアジアに輸出されており、インドはロシア石油輸出の最も重要な顧客の1つとなっている。

これに伴い、インドからロシアへの原油輸入量も大幅に上昇した。調査研究会社のRystad Energyによると、今年3月から5月にかけて、インドがロシアから輸入した石油は前年同期の6倍だった。国際エネルギー機関(IEA)の最新のグローバル石油報告書によると、インドは過去2カ月でドイツを抜き、ロシア原油の2番目の輸入国となった。

<p cms-style=「font-L」>これに対し、ドイツのビジネスニュースサイトBne IntelliNews誌は、ロシア石油のインドなどへの輸出急増は、ロシアが国際制裁や貿易業者の自己規制を受けているにもかかわらず、自分の石油輸出に活路を見いだすことができることを示していると指摘した。専門家によりますと、これまでロシアの石油輸出は通常より10%減少しており、今年は17%減少すると予想されていましたが、その石油生産量はこのレベルで安定するはずで、現在のロシアの石油生産量と輸出の減少(損失)は価格の上昇によって完全に補われているということです。

しかし、ロシアは東への転換を試みており、アジア諸国の方向で石油輸出の再ブレークを実現したいと考えていると同時に、一定の問題に直面している。現在、ロシアのほとんどの石油パイプラインインフラは(そのほとんどは1970年代に建設された)西に伸びており、少数の比較的新しいパイプラインだけがアジア市場に東に伸びているが、EUは今後数年間でロシアの石油輸入量をゼロに削減しようとしている。関連する石油化学業界のアナリストも、インドなどの長期分散化に基づく原油輸入構造や、パイプライン、港湾、埠頭、船舶などのインフラ整備の問題、また融資支払手段、高い輸送コストと評判リスクなどの問題もあり、アジアはロシアが欧州原油市場から移転した原油量をすべて受け入れることは難しいと述べた。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。