元タイトル:後悔してる?

烏駐独大使:昔のことを振り返って、私は自ら朔爾茨に謝罪する

cms-style=”font-L”>参考消息網6月23日報道露新社22日報道によると、ウクライナのメリニック駐ベルリン大使はドイツのサクルツ総理を「冒された豚の肝腸」と呼んで1カ月半後に謝罪することを決めた。彼はドイツの週刊誌「明鏡」のウェブサイトに掲載されたインタビューでそれを表明した。

報道によると、メリニクは「昔のことを振り返ってみると、言ったことを後悔しているに違いない……私は彼に直接謝罪する」と述べた。

p>

メリニク氏は、ゼレンスキー氏の行動に不安を感じており、ウリバ外相にも説明せざるを得ないと付け加えた。今、この大使はドイツの首相と直接話をしたいと思っています。

5月初め、同誌は朔爾茨が辱めを受けたと報じた。メリニク本人は自分の意見に対するコメントを拒否した。しかし、このような恥ずかしい比喩はソーシャルネットワーク上でドイツ人を激怒させ、多くの人が烏大使の罷免を求めた。

報道によると、この外交官がドイツ当局に対して唯一不遜な発言をしたわけではないという。例えば、ベルリンが軍支援問題で優柔不断であることを非難し、ドイツがウクライナに戦車や歩兵戦車を供給したくないことは「歴史に残る恥辱」になると述べた。また、メルケル元首相が自己批判していないと非難した。(コンパイル/胡麗雯)

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。