元タイトル:仏メディア:話題の熱が急降下西側ネットユーザーはウクライナ衝突に興味を失いつつある

cms-style=”font-L”>
font-cm-style=”font-L strong-Bold”>参考消息網が6月23日に報じた

フランスのフィガロ紙のウェブサイトが22日に報じたところによると、2022年の最も主要な国際話題として、ウクライナは露出率を失いつつある。

p>

報道によると、2月24日、ロシア軍戦車がウクライナの道路を疾走した際、報道各社が特報を発表した。携帯電話のメールが相次ぎ、SNSにはウクライナを支持する数百万人の情報が一気に登場した。戦線から離れたフランスでは、一部の退役軍人がペンを取って欧州での突発的な戦争についてコメントを続けている。

<p cms-style=「font-L」>記事によると、数百万人のネットユーザーがインターネット上で「ウクライナ戦争地図」を見ることができ、リアルタイムで衝突の進展状況を示すことができるという。この回避しにくいツールは、2014年のトンパス紛争の時にすでにあり、アクセス数が多いため、ページのダウンロードを継続的に更新しなければ完全な地図を手に入れることができない。

記事によると、戦争が行われて4カ月が経過した後、地図を見るためにF 5ボタンを押して更新する必要はなくなったという。前線の進展に絶えず注目していた西洋のネットユーザーは、三差五差で見に行っただけだった。ウクライナ戦争の地図を見に行くと、前日と翌日はほとんど変化が見られない。

<p cms-style=「font-L」>記事は、持久戦の可能性が高まっている一方で、ウクライナへの興味は日増しに減少していると指摘した。すべてのデータはこれを証明することができる。グーグルの検索エンジンでの「ウクライナ」の検索率が大幅に低下した。米アクシオスのニュースサイトは調査データを引用し、5月22日のソーシャルメディア上のウクライナに関するインタラクティブな話題には34.5万人が参加し、2月末のピーク時の2%にとどまったと伝えた。

同サイトは、「この傾向はオンラインメディアの熱さからも表れており、衝突の第1週目には52万件の記事があったが、今では7万件に下がった」と指摘している。これに伴い、4月と5月にはジョニー・デップと元妻のエメルバー・ヒルデ訴訟のクリック数がウクライナの話題の6倍になった。

報道によると、この動きは正常で、過去数年は「イラク」や「アフガニスタン」などのホットワードでもこのような状況があったという。

p>
<p cms-style=「font-L」>フランスの元駐ロシア大使で国際関係・戦略研究所所長のジャン・デグリニャスティ氏は、「現在は2つの状況が同時に存在している。一般の人々はウクライナにあまり興味を持っていない一方で、戦争時間が延びて戦況はあまり変化していない」と述べた。この持久戦では、毎日の状況が似ていて、何が進展しているのかをはっきり言うのは難しい。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。