元タイトル:ポーランドのドゥダ大統領はウクライナが「少しも譲らない」べきだと述べた。

cms-style=「font-L」><font-cms-style=「font-L strong-Bold」>参考消息網は5月22日、ロイター通信のキエフ5月22日付報道によると、ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領は22日、キエフでウクライナ議員たちに、ウクライナだけが自分の未来を決める権利があると述べた。彼は露烏衝突以来初めてウクライナ議会で演説する外国の指導者になった。

報道によると、キエフは領土を割譲する平和協定を締結する可能性を排除し、ロシア軍を占領した領土に残す停戦呼びかけを拒否し、モスクワ時間に軍を再集結させるだけだと述べた。

p>

ドゥダ氏は「ウクライナはプーチンの要求に屈服すべきだという懸念の声が出ている」と話した。「ウクライナだけがその未来を決める権利がある」とも述べた。

「ウクライナが経済的理由や政治的抱負のために犠犠になったら–1センチの領土でも–ウクライナという国だけでなく、西側世界全体に大きな打撃を与える」と述べた。

p>

記事は、ポーランドがロシアに対する厳しい制裁を強く主張し、ウクライナがEU加盟国になることを明確に支持していると指摘した。

p>

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。