元タイトル:「包囲圏の中には1.5万~1.8万烏軍がいるかもしれない」

cms-style=”font-L”>ロシアの「消息報」サイトの5月21日付報道によると、マリウポル以外にもウクライナ前線の他の地域でロシア軍が勝利し、新しい包囲圏が形成されつつあるという。

p>

記事によると、ロシアのショイグ国防長官は20日、国防総省の部務会議で、ロシア軍は「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の人民警察部隊とともに、トンバス地域の製御を拡大し続けると述べた。彼は「『ルガンスク人民共和国』の解放は間もなく完成する」と言った。

記事は、ロシアの軍事専門家シューレキン氏の話として、「烏軍はトンパスの前線で徐々に撃破され、個別の部分に分解されている。一連の小包囲圏の構築は完成に近づいており、これらの包囲圏の中には1.5万~1.8万烏軍がいる可能性があります。は明らかに、敵が現在大都市の週辺で大きな損失を受けている。このような状況は、NATOの基準に基づいて良好な訓練と武装を行ったとはいえ、これらの作戦旅団はすでに深刻な損失を受け、人員の半分以上が損失し、現在訓練されていない動員人員によって兵力を補充しているからです」

報道によると、ウクライナ軍はすでに積極的な作戦行動を展開する能力を失い、守勢にあるという。専門家は、戦闘の発展は烏軍にとって非常に不利だと指摘している。

また、ロイター通信キエフの5月21日付報道によると、ロシアはウクライナのトンバス地域の製御を図り、ルガンスク州の残りのウバン製御地域に大規模な攻勢をかけた。

p>

ルガンスク州のセルゲイ・ゲダイ知事は21日朝、ソーシャルメディアに、ロシアがノースドネツク市を破壊しようとしており、同市郊外では戦闘が発生しており、「砲撃は朝から夜まで続き、一晩中止まらない」と投稿した。

p>

報道によると、ルガンスク州とドネツク州の大部分の地域はウクライナの工業が発達したトンバス地域を構成しているという。この2つの州を占領することでモスクワは勝利を宣言することができ、モスクワは先月、これが現在の目標だと発表した。

ロシア軍のルガンスクでの推進について、ロイター通信はロンドンのシンクタンク王立国際問題研究所の専門家ブレゲ氏の話として、「今後数週間はこの衝突に非常に重要だ。状況は彼らがノースドネツクとその対岸の土地を占領する効率にかかっている」と述べた。

p>

北ドネツク市と北ドネツク川の対岸にある姉妹都市リシャンスクはウクライナが支配する小さな地域の東部に位置し、ロシアは4月中旬以来、この地域を占領しようとしています。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。