元タイトル:米露両国の高級将校がウクライナ情勢などについて電話で討論

中新網は5月20日、現地時間19日、ロシアのグラシモフ総参謀長が米軍参謀長合同会議のミリー議長と通話し、ウクライナ情勢を含む問題について話し合ったと総合報道した。

p>

ロシア国防省は、ウクライナ情勢を含む共通の関心を持つ問題について話し合ったと明らかにした。

p>

ミリー氏は「軍指導者は安全に関する問題を議論し、コミュニケーションルートを円滑に保つことに同意した」と述べたが、具体的な詳細は秘密にされている。

p>

これに先立ち、ロシアのショイグ国防長官はオースティン米国防長官と13日に電話をかけた。ロシアがウクライナで特別軍事行動を展開して以来、両国の防長が電話をかけるのは初めてだ。

[編集:孔慶玲]

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。