元タイトル:同国は100人以上の公民がウクライナに参戦することを承認した

総合法新社とAP通信は11日、チェコのゼマン大統領が同日、100人以上のチェコ国民がウクライナに行って作戦することを許可する要求を特別に承認したと報じた。

AFP通信によると、チェコは公民の海外参戦を許さないという。AP通信によると、チェコの法律は公民が外国軍に服役することを禁止しており、この規定に違反した犯罪行為は最高5年の監禁を言い渡すことができるという。しかし、ゼマンとチェコのフィアラ首相は今年3月、ウクライナ軍と一緒に戦ったチェコ国民に対していかなる懲罰も免除することに同意した。

チェコ大統領ゼマン図源:人民視覚

ウクライナのゼレンスキー大統領が外国人ボランティアに助けを求めて以来、ポーランド、カナダ、米国、英国などいくつかの国からの外国人ボランティアがウクライナで作戦に参加している。

AFP通信によると、ウクライナのクレバ外相は3月初め、約2万人の「国際ボランティア」がウクライナに行ってロシア軍との戦いに参加し、その多くがヨーロッパ諸国から来たと明らかにした。クレバ氏は、外国人がウクライナに貢献するという願いを理解しているが、キエフにとって最も重要なのは、世界各地から「持続可能な、政治的、経済的、軍事的支援」を受けることだと、米ケーブルテレビニュース網(CNN)に伝えた。彼は特に米国に「米国が今回の行動でリーダーシップを発揮する必要がある」と指名した。

AP通信によると、ウクライナに募集された一部の外国人ボランティアは、武器や訓練を待っていることが多く、自分が露出の目標だと感じているという。一部の人はそこに着いてやっと、武器も防護装備もなく、適切な訓練もなく、組織と言語の不通が欠けて混乱感を生んでいることに気づいた。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。