元タイトル:フランスメディア:フランスは、ロシアとの衝突における米国の「興奮」を緩和しようとしている

参考情報網が5月12日に報じたフランスの「世界報」サイトが5月10日に「フランスとドイツはウクライナ戦争問題で米国との相違を示している」と題した文章を発表し、著者はトーマス・ヴィデルとフィリップ・リカルである。文章によると、マクロンと朔爾茨はウクライナ問題での米国の興奮を緩和しようとしたという。全文抜粋は以下の通りである:

マクロンと朔爾茨はウクライナ問題における米国の興奮を緩和しようとした。

ロシアの衰弱はヨーロッパの利益に合わない

マクロン氏は5月9日、2番目の大統領任期としてベルリンを初めて訪問する前に、「恥辱や復讐の誘惑に屈しないでください」と再確認した。フランスの国家元首は、ストラスブールの欧州議会で欧州の未来に関する会議が終わった時に発表した。彼はこの機会を利用して米国と距離を置いた。後者はウクライナ戦争を利用してロシアを永久的に弱体化させ、ロシアのいかなる好戦計画を防ぐことを主張したからだ。

ロイド・オスティン米国防長官は4月末のキエフ訪問終了後、現在の目標は「ロシアがウクライナ侵入時にできないほど弱体化しているのを見る」と説明した。このような見通しはパリが望んでいるものではない。ウクライナの安全利益にも欧州大陸の安全利益にも合わないと考えられているからだ。ある高級外交官は、このようなやり方をしないように警告した。彼は「ロシアの戦略的失敗の可能性に関する発言が広がっており、それが何を意味するかは誰も知らない」と述べた。p>

フランス大統領は、EU加盟を望む国(まずウクライナ)をEU周辺に集めることができる「欧州政治共同体」の創設を提案するとともに、モスクワとの「交渉による平和の実現」を支持しているが、現段階では停戦は実現せず、トンバス戦闘は激しく行われている。彼から見れば、キエフに重い武器を提供したにもかかわらず、ロシアの考えを弱めるために衝突を過度に続けることはできない。可能であれば、第一の重要なことは依然としてウクライナの歴史的境界を回復するか、少なくとも2月24日にロシアが「侵入」する前の境界を回復することである。

マクロン氏は、ウクライナ人が彼らの戦争目標とモスクワとの交渉を回復する可能性がある条件を決定し、現在交渉は行き詰まっていると考えている。彼らのヨーロッパや米国の盟友ではない。マクロン氏はストラスブールで、「ウクライナだけがロシアとの交渉条件を確定できる」と述べた。フランスの観点から見ると、この考えはウクライナの安全を保証すると同時に、長期的に見ると、ヨーロッパ大陸全体の安全を回復することでもある。マクロン氏は、「衝突をヨーロッパの他の地域に広がるのではなく、停戦を実現する責任がある。明日は平和を築く。それを忘れないでください」と話した。彼はドイツのオラフ・シュルツ首相との共同記者会見で、「われわれは依然としてわれわれの目標に集中している。停戦を実現し、ウクライナが自分の決定した条件に従って交渉することを助けることだ。われわれの立場はウクライナの主権と領土の完全な側に立っている。多くも少なくない」と述べた。p>

和談による平和の実現を望む

ドイツの首相もフランスの大統領と同じように、まったく同じ発言をした。朔爾茨氏は「私たちはもう長い間戦争状態にある。そのため、私たちは今断固としたステップを取って、戦争を終わらせなければならない。私たちの要求は明確で、それは戦争が停止しなければならず、武器が停止しなければならず、ロシアが撤退することを望んでいる」と話した。また、「ウクライナは、主権と国家が完全に受け入れられない条件に直面する平和を強要することを受け入れることができないことを明確にしなければならない。われわれの要求は、現在交渉を再開し、ロシアとウクライナの間の交渉が現実になり、合意はすぐに達成されるべきだ」と付け加えた。p>

ドイツもフランスもこの衝突が続くことを望んでいないことがわかる。朔爾茨は第三帝国降伏77周年に際してテレビ演説を発表し、正確に言えば、このため、政府は短期的または中期的な平和の見通しを不可能にする可能性のある決定をしないでくださいと述べた。「ウクライナとヨーロッパ全体の権利と自由を守るためにやったと言っています。これはもう十分です。一方や他方が要求したことは何もしていません。実際には、ドイツ人民を傷つけるようなことはしないという私の就任の誓いです」

マクロンの演説と同様に、ドイツの首相の演説はフランスとドイツがウクライナを全面的に支援しようとしているが、ロシアとの絶え間ない戦争を招くことはないという際立った立場を証明した。この点から見ると、フランスの大統領が就任するやいなやベルリンに赴き、少なくともウクライナ問題における両国の立場が極めて近いことを示すのに役立つだろう。目標を実現することはできないが、今後の停戦に対する共通の希望は現在実現不可能な願望に属しているからだ。p>

そのため、ロシアがウクライナに「侵入」して以来、ボリス・ジョンソン、ジャスティン・トルド、EU委員会の馮徳莱恩議長、国連事務総長のグテレスのようにキエフに行ったことがないのだろうか。

ドイツ側では、朔爾茨氏が最近、連邦大統領のフランク・ワルト・シュタイインマイル氏本人がそこで歓迎されるのを待っていると説明した。言い換えれば、ウクライナ当局が受けた恥辱を修復し、ウクライナ当局は4月中旬に最後の時点で接待したくないと表明した。彼の立場はロシアに有利すぎると考えられているからだ。マクロン氏は、このような訪問は、「有用かつ確実な結果」を伴ってこそ意味があると何度も繰り返した。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。