元タイトル:米メディア:米陸軍はアラスカ部隊を改造して北極に備える計画

参考情報網5月12日付報道AP通信エルメンドルフ-リチャードソン連合基地によると、米陸軍部長クリスティーナ・ウォームズは最近アラスカ州に向かった。そこの米軍の高級指揮官たちとアラスカ部隊の改造計画について話し合った。

ウォームズ氏はこのほど、記者団に対し、今後の寒冷下での作戦の可能性によりよく対応するため、現在アラスカ州に駐屯している「ストライク」装甲部隊を、より劣悪な環境に適応し、より機動的な歩兵で置き換えることを検討していると明らかにした。彼女は陸軍の上層部がすぐにアラスカ部隊の改造計画について最終的な決定を下すと予想している。

ウォームズ氏は「改造されたアラスカ部隊はヨーロッパやアジア太平洋地域の極寒の中で戦うことができ、北極地域に迅速に集結する能力がある」と強調した。p>

報道によると、米国は長い間、北極地域が米国とロシア、その他の国と激しく競争している地域だと考えてきたため、北極での米軍の作戦能力の強化も計画してきた。(コンパイル/楊文静)

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。