元タイトル:第1陣のウクライナ兵士がドイツ軍事基地に到着し、武器操作訓練を受ける

現地時間5月11日、第1陣のウクライナ兵士がドイツ南西部のラインランド・プファルツ州に到着した。彼らは同州のイダル・オボシュタン砲兵学校でPzH-2000自走榴弾砲の操作訓練を受ける。PzH-2000自走榴弾砲1台に5人の兵士を配備し、遠隔打撃を実現できる。

ドイツメディアによると、訓練に参加したドイツの専門家と技術者は10日、軍事基地に到着した。ポーランドからドイツ連邦国防軍の輸送機でドイツに到着するウクライナ兵士約60人が訓練を受ける。現在、訓練計画は40日ほど続くが、具体的な時間はウクライナの兵士の把握状況にかかっている。彼らは運転、射撃、故障排除などの技術を学ばなければならない。

注目すべきは、ドイツ連邦政府がウクライナに重兵器を提供することを承認した決定が今も各界の論争を受けていることだ。一部のアナリストは、ドイツが戦争に巻き込まれる可能性があると指摘している。関係当局がドイツとNATO諸国が参戦者にならないと再確認しても。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。